腰椎椎間板ヘルニア

このようなお悩みはありませんか

  • 長年続く、いつも同じ痛みで困っている。
  • 何もしていなくても腰に痛みがある。
  • 片方のお尻や脚にシビレや違和感がある。
  • 痛みで動かしづらい関節の動きがある。
  • 医者に腰椎の椎間板ヘルニアだと言われた。

 

腰を痛めて病院に行ったら「ヘルニアがあります。」といわれた…

昔からヘルニアを患っていて、腰の痛みがずっと続いている。

良くなったり悪くなったり、年に数回ぎっくり腰のような状態を繰り返してしまう。

 

 

 このようなお悩みを抱えていらっしゃる方が、当院にはたくさんご来院されます。

 

 

 ご相談いただく話の中には、「以前ヘルニアと言われたことがあって、よくなったけどまた痛くなってきた」とか、「病院で調べてもらったら、今、ヘルニアになっていると言われた」など、ヘルニアという病名を聞く機会がとても多いです。

 

 

 では、どういう状態がヘルニアと呼ばれているのか?ヘルニアと診断されたらどう治療をするべきか?などについて、豊田市ころも接骨院がお応えしていきます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

 

 まず、ヘルニアとはいったいなんなのか?というところから説明していきます。

 

 

 通常、人の身体を支えている背骨は

背骨(椎骨)→クッション(椎間板)→背骨→クッション…と積み重なるように続いていきます。

 

 

 

 

 腰椎椎間板ヘルニアでは椎骨同士の間にある椎間板が通常の位置からはみだし、背骨の側を通っている神経を圧迫してしまう。という状態になっています。

 そのせいで、圧迫されている場所より先のさまざまな場所に症状がでてきてしまいます。

 

 

 

 

 そしてこのような状態に陥ってしまう原因は、日常生活を繰り返すうちに出てくる「身体の歪み」です。

 

 

 身体に歪みがある状態で活動していると、いつも何気なくおこなっている動作でも身体に余分な負担がかかってしまうようになり、やがて椎間板が正常な場所から飛び出してしまいます。

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状

 

 腰椎椎間板ヘルニアの主な症状には、

 

腰、お尻~足にかけての激しい痛み
感覚の異常(動かし辛さやシビレ)
排尿障害(重症の場合)

 

 

 などが挙げられます。どれもひどくなってくると日常生活にも影響が出てしまうため、改善と予防がとても大事です。

 

 あまりにも症状がひどくなってしまっている場合は手術なども考えなければいけませんが、基本的には身体を支える力をつけたり、身体のバランスを整えることにより改善を目指していきます。

 

当院の腰椎椎間板ヘルニアの治療法

 

 豊田市ころも接骨院では、腰椎椎間板ヘルニアの原因にもなりうる身体の歪みを改善する「背骨・骨盤矯正」をおこなっています。

 

 

 治療の前に現在のお身体の状態を一緒に確認させていただき、まずは自分の身体がどうなっているのか?というところからスタートしていきます。

 

 

 当院の背骨・骨盤矯正は、治療と同時にひとりひとりに合わせたご自宅でもできるストレッチトレーニングをご紹介し、再発を防ぐことにも取り組んでいきます。

 

 

患者様各の歪み方や、身体の硬い部分、筋力の弱くなっている部分に合わせた方法を無理のないようにご紹介していきます。

 

 

同じ痛みを繰り返したくない。
日常生活を快適に過ごせるようにしたい。
身体を思った通りに動かしたい。

 

このようにお考えの方は、ぜひ一度豊田市ころも接骨院までご相談ください。

 

 

豊田市 ころも接骨院の腰椎椎間板ヘルニアに関わる記事

腰痛についてはコチラ
ぎっくり腰についてはコチラ
骨盤矯正についてはコチラ
坐骨神経痛についてはコチラ

 

豊田市 ころも接骨院のヘルニアに関わる院内ブログ

暖かくなる時期に気を付けたい、ぎっくり腰について【豊田市 ころも接骨院】
身体の歪みと頸椎ヘルニアについて 【豊田市 ころも接骨院】
首・肩がツラい!!頸椎ヘルニアについて 【豊田市 ころも接骨院】
腰椎椎間板ヘルニアで体がつらい!という方へ 【豊田市 ころも接骨院】

 

豊田市にある ころも接骨院のお問い合せはこちら

豊田市ころも接骨院電話番号0565-60-7365

豊田市ころも接骨院〒471-0028
愛知県豊田市神明町3丁目33-14

豊田市ころも接骨院メール予約はこちら

豊田市ころトレ電話番号:0565-77-0570

ページのトップへ戻る