症状別メニュー

首・肩がツラい!!頸椎ヘルニアについて 【豊田市 ころも接骨院】

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正、交通事故治療が得意なころも接骨院です。

 

 

 

今回はただの肩こりや首のこりかと思っていたら実は別の原因があった…というケースについて触れてみたいと思います。

 

 

 

患者様の中には

 

「肩こりがひどすぎて病院に行ったら、首のヘルニアだった」

ヘルニアが昔からあって、そのせいで頭が痛い

 

など頭や首、肩にかけてのお悩みがヘルニアのせいなのでは?と困ってらっしゃる方もいるようです。

 

 

 

では実際のところ、長い間肩こりや首こりで困っている方頸椎椎間板ヘルニアにはどのような関係があるのか。

またヘルニアだと診断されてしまったときにはどうすればいいのか?自分の身体はどうなってしまっているのか?ということについてお話していきたいと思います。

 

 

 

まず、頸椎(首の背骨)は7つ骨が積み重なって構成されており、一つ一つの間に椎間板と呼ばれるクッションの役割を担っているものが存在しています。

 

 

 

 

そのクッションとなる椎間板の表面が破れ、中に入っている髄核とよばれているものが飛び出して背骨の近くを通っている神経を圧迫し、痛みやしびれる感覚・運動麻痺などの症状を起こしてきます。

 

 

 

 

頸椎椎間板ヘルニアによって起こる症状の中には、やはり肩のこりや頭から首にかけての痛みなど、ヘルニア特有のものでない症状も存在します。

 

 

 

ですがそれと同時に、

「肩や腕に力が入らない(脱力感)」

「特に指先に向かって強く出るしびれ」

など、ヘルニアがある場合に特徴的な症状が存在します。

 

 

ただの肩こりとはなにか違う気がする…そんな時は実はヘルニアの症状なのかもしれません。

 

 

 

では次に、頸椎椎間板ヘルニアになってしまった、もしくはヘルニアがあることがわかった時にはどうすれば治るのか?ということについてです。

 

 

 

実はヘルニアというのは、最近の研究では飛び出した髄核が自然と再吸収され、症状は少しずつ緩解していくと考えられています。

 

 

 

ですので、「少しでもしびれがでてきたらすぐに手術をする」とか「手術をしないと一生治らない」ということは意外にもなかったりします。

 

 

 

そこで当院では、手術の必要はないけど症状は出ているという患者様に、ヘルニアのある部分に負担がかからない様な身体づくりを提案しています。

 

 

 

身体のバランスを整える背骨・骨盤矯正やご自分でできるストレッチエクササイズを紹介して、通院の合間にもできるセルフケアもサポートしていきます!

 

 

 

以前ご紹介した腰椎椎間板ヘルニアと同じように、ヘルニアがあっても必ず痛みが出るというわけではないため、当院の治療では身体の状態を整えて予防軽減をしていくのを目指していきます。

 

 

 

【腰椎椎間板ヘルニアの記事はコチラ】

 

 

 

もし、ご自分や身の回りの方に、長く続く肩こりや頸椎椎間板ヘルニアで身体が辛い…などお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ころも接骨院にご相談ください。

 

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土
    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【首・肩の症状】について詳しくはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【背骨・骨盤矯正】について詳しくはコチラ

*************************************************

豊田市にある ころも接骨院のお問い合せはこちら

豊田市ころも接骨院電話番号0565-60-7365

豊田市ころも接骨院〒471-0028
愛知県豊田市神明町3丁目33-14

豊田市ころも接骨院メール予約はこちら

豊田市ころトレ電話番号:0565-77-0570

ページのトップへ戻る