症状別メニュー

産後骨盤の特徴~骨盤の開きについて~ 【豊田市 ころも接骨院】 2018年07月10日

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正・交通事故治療が得意なころも接骨院です。

 

 

 

梅雨の時期が終わりを迎え、いよいよ暑さも夏本番。という感じになってきましたね。

 

 

 

暑い時期にはついついシュワッとした炭酸飲料に手を伸ばしそうになってしまいますね…(笑)

水分だけでなく、塩分もこまめに補給するようにしましょう!!

 

 

 

外が特に暑い日はショッピングモールなどに行くと、子連れのお母さんたちをよく見かける気がします。

お子様もそうですが、今の時期は体調管理はしっかり気を付けないといけませんね。

 

 

 

そんなママさんたちに、今回は産後の骨盤のいくつかある歪みのうち「骨盤の開き」というものに注目して解説していこうと思います。

実は骨盤の歪みも体調にかかわったりするかもしれないってご存知でしたか…???

 

 

 

 

 

そもそも骨盤というのは、身体の中心にある「寛骨(腸骨、恥骨、坐骨の3つの骨がくっついた大きな骨)」という骨と「仙骨」という2種類の骨が組み合わさってできている部分です。

 

 

 

 

それは内臓を支える土台になったり、股関節を構成して下半身を動かすなど身体の基盤となる重要な役割を持っています。

 

 

 

 

そんな骨盤が開くというのはどういうことなのでしょうか?

 

 

 

 

下の図のように、恥骨結合と呼ばれる骨と骨が靭帯によってくっついている部分が離れてしまい、骨盤の横幅が広がってしまったり、足の付け根のでっぱりが大きくなったりします。

 

 

 

通常の骨盤に対して開いた骨盤は安定性が失われ、より負担を受けやすくなっています。

 

 

 

さらに内臓の位置は乱れやすくなり、うまく機能を果たせなくなってしまいます。

 

 

 

そのせいで消化・吸収機能が低下したり、便秘や軟便、生理不順の原因にもなったりします。

ここで症状がひどくなると、体調を崩しがちになってしまうということになります。

 

 

 

 

特にご出産後の場合は骨盤底筋と呼ばれる内臓を下から支えている筋肉群も弱くなってしまっているため、尿漏れなどの原因になってしまう可能性もあります。

 

 

(骨盤底筋はハンモックのように内臓を支えています)

 

 

通常の骨盤と違い、産後の骨盤はご出産のタイミングで脳から出るホルモンの働きによってとても動きやすいという状態になっています。

 

 

 

そのためとてもバランスが崩れてしまいやすく、いろいろなお悩みにつながりやすいという点が特徴になっています。

 

 

 

 

しかしこの動きが出やすいという状態は裏を返すと「元の位置に戻りやすい」という表現にもなります。

 

 

 

 

弱い力でもすぐに変化の出るタイミングですので、骨盤矯正自体もすごくソフトな方法を取り入れています。

 

 

 

矯正は身体をボキボキしたり怖いイメージがある。という方も中にはいらっしゃいますが、当院の産後の骨盤矯正には、痛みが出たり、ボキボキするような矯正は入っていません。

 

安全な手技でおこない、バランスのとれた身体を目指していきます。

 

 

 

 

もし、ご出産後に「骨盤の開きが気になる。」「もしかしたら歪んでいるかも?」という方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度豊田市ころも接骨院までご連絡ください!!

 

 

 

豊田市 ころも接骨院の 産後骨盤矯正の関連ブログ

ころも接骨院の産後骨盤矯正!!【豊田市 ころも接骨院】

産後骨盤矯正の豆知識【豊田市 ころも接骨院】

 

豊田市 ころも接骨院の HPメニュー

ころも接骨院の公式HPはコチラ

【骨盤矯正】について詳しくはコチラ

【腰痛】について詳しくはコチラ

足の裏の痛みはこれ?足底筋膜炎について 【豊田市 ころも接骨院】 2018年06月12日

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

 

豊田市骨盤矯正、交通事故治療をおこなっておりますころも接骨院です。

 

 

 

 

さて今回は、お聞きしていくと意外に悩みを持っている方が多いと感じている足底筋膜炎についてです。

 

 

 

「足の裏が痛くて歩けない。」

「朝起きると足を床につけないくらい痛くなる。」

「痛みは無いけどだるかったり、固まっている感じがする」

 

 

 

 

このようなことでお悩みの方は、足底筋膜炎になっている可能性があります。

 

 

 

 

普段から立っていることが多かったり、スポーツやウォーキングなど歩く・走るなどの動作を頻繁にされる方に多い症状になります。

 

 

 

 

自分の体重を支えているだけでも負担はかかってきますので、うまく回復できていないとただ立っているだけでも疲れが蓄積されて痛みを発するようになってしまいます。

 

 

 

 

では、なにが原因でうまく回復できなくなってしまうのでしょうか?

 

 

 

 

その原因として考えられるのが体重の偏移(どちらかに偏ってしまう状態)です。

 

 

 

 

いつも立っている時はどちらか片方の足に体重を乗せている。

 

という方はまさに体重の偏移が出ている方で、その状態が長く続くと片足ばかりに負担がかかり足の筋肉が疲労し痛みを発してしまうようになります。

 

 

 

(画像のように片足で立っている場合、骨盤が傾くとバランスを取るために肩の高さまで変わってきてしまうため、下半身だけでなく全体のバランスを整えておかないと痛みがでやすくなってしまいます!!!)

 

 

 

 

特に「初めは片方だけ痛かったけど、だんだん両方痛くなってきて我慢できなくなった」ということを多くお聞きします。

 

 

 

 

そのような方はまず片方だけ痛めてしまい、それをかばうようにして普段使っていない方も過剰に使うようになるためになっていると考えられます。

 

 

 

 

そしてその原因として考えられるのが「身体全体の歪み」です。

 

 

 

 

まず身体の中心にある骨盤が歪み、その後に影響を受けた全身が歪んできてしまうというケースが多くあります。

 

 

 

 

普段から何か作業をするときはいつも同じ姿勢でやってしまうとか、よく使う方でしかできないことがあるような場合は特に当てはまると思います。

 

 

 

 

そこで当院は、足の裏の痛みでご相談いただいた方にも、全身のバランスチェックを行っています。

 

 

 

 

お身体全体のバランスを整えながら足底部の治療もおこなうことによって、「原因の治療」と「同じ痛みの予防」を同時に進めていくことができます。

 

 

 

 

よくなってはまた痛めてしまう。

 

というのを繰り返しているような方には特に原因からの治療が大事です。

 

 

 

もしかしたら…と思われる方は、全身のバランスチェックは無料でおこなっておりますのでいつでもご相談をお待ちしております!!

 

 

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【骨盤矯正】について詳しくはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【腰痛】について詳しくはコチラ

*************************************************

 

ころも接骨院の産後の骨盤矯正!! 【豊田市 ころも接骨院】 2018年05月31日

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

 

豊田市骨盤矯正・交通事故治療が得意なころも接骨院です!

 

 

 

 

暑い日が増えてきて、日中動いているとすぐに汗をかいてしまう時期になってきましたね。

 

 

 

 

このような時期の水分補給は一度にまとめてではなく、こまめにおこなうようにしましょう。

 

 

 

 

突然ですがみなさん。実はこのころも接骨院のある愛知県豊田市は、愛知県の中でも実は2番目に人口が多いというのをご存知でしたか?

 

 

 

 

さらに愛知県の中でも2番目と上位ですが、実は全国のすべての市町村の中でもなんと29番目という人口の多さを誇っています。(市町村は全部合わせて1741個あります)

 

 

 

 

さて今回は、そんな愛知県豊田市の中でたくさんのママさん達のお役に立っているころも接骨院産後の骨盤矯正について話していきます。

 

 

 

 

当院のブログでも時々ご紹介している産後の骨盤矯正ですが、今回もその特徴からお話ししていこうと思います。

 

 

 

 

まず、産後の骨盤通常の骨盤とは少し異なる点がある。というのをご存知でしょうか?

 

 

 

といいますのも、通常の骨盤の状態では起こりにくい「骨盤の開き」「股関節の開き」がおきてしまうのが産後の骨盤の特徴なんです。

 

 

 

通常身体に起こる「骨盤の歪み」は、普段の身体の動かし方や使い方のクセによって起きるため、誰もがお悩みとして抱える可能性があります。

 

 

 

 

それに対して「骨盤の開き」「股関節の開き」はご出産という身体への大きな負荷がかかるタイミングで現れやすい症状としてよく挙げられるものになります。

 

 

 

 

豊田市ころも接骨院では、この3つの歪みに対して矯正をおこなっていきご出産によって歪んでしまった身体を元の状態に戻していきます。

 

 

 

 

当院にいらっしゃるママさんたちのお悩みとして特に多いのが

・腰の痛み

・体重が戻らない

・産前の服が入らない。入りにくい。

・抱っこの時に手首が痛む。

などになります。

 

 

 

 

だんだん大きくなっていくお子様に対して、ママさんたちの身体は支えるパワーが不足していたり、歪んで傾いてしまうことにより痛みが出やすい状態だったりします。

 

 

 

 

さらに骨盤は内臓を支えてくれる構造になっているため、骨盤が傾いてしまうと中にある内臓も傾き、機能を発揮しにくくなります。

 

 

 

 

内臓は消化や循環にも関与しますが、そのほかにも体温を作り出すという働きも持っています。

 

 

この機能が阻害されてしまうと脂肪の燃焼が起きにくくなり、痩せにくい身体ができてしまうのです!

 

 

 

 

体温が低下してしまうとヒトが元々持っている免疫能力も低下してくるため風邪をひきやすくなったりさまざまな疾病にかかってしまうリスクの元になってきます。

 

 

 

 

そのほかにも、身体をまっすぐにすることにより血液循環も改善され、下半身のむくみの予防や冷えの解消にもつながったりします。

 

 

 

 

これまで骨盤矯正についてのポイントを書かせていただきましたが、裏を返すと「身体が歪むと上に書いた症状が出やすくなってしまう」ということになってきます。

 

 

 

 

通常歪みのない状態である骨盤が歪むだけで、たくさんのお悩みにつながる可能性があるということになります。

 

 

 

 

身体の中心にあり、さまざまな場所に影響を及ぼす「骨盤」

 

 

 

 

産後という身体の変化がでやすい貴重な時期に、しっかりと良い状態に戻せるようにしていきましょう。

 

 

「自分の身体は今どうなっているの?」という疑問や「骨盤とは関係ないかも…?」といった悩みをお持ちの方にも、相談や身体のチェックは無料でおこなっていますよ!!

 

 

 

 

子育てはご出産直後だけでなく、その後もずっと続いていきます。

 

 

 

あの時やっていればよかった…

 

 

 

とならないように、どんな小さなお悩みでもご相談ください!!

 

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【骨盤矯正】について詳しくはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【腰痛】について詳しくはコチラ

*************************************************

 

子供の手のおケガ、肘内障について 【豊田市 ころも接骨院】 2018年04月11日

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正・交通事故治療が得意なころも接骨院です。

 

 

 

先日、午後の診療中に急患のお電話がありました。

 

 

「子供が腕を動かさなくなってずっと泣きやまない」

 

 

というお電話でした。

 

 

 

お孫さんを預かっているおじいちゃん、おばあちゃんだったようで、何が起きているのか?

骨は折れていないか?というのが心配でお電話をくださったようでした。

 

 

 

手を動かそうとすると痛がって避けてしまい、ずっと泣いたまま…とのことでした。

 

 

 

状態を確認させていただくためにご来院いただき、骨折があるかどうかを確認。

 

 

 

検査では骨折が無いと判断し、別の症状の疑いを持って検査を進めていきます。

 

 

 

痛くなった原因をお聞きしたところ、お子様は2歳くらいで、物につかまったままぶら下がった瞬間に痛がった。とのこと。

 

 

 

この段階で最も怪しいと考えられたのが「肘内障(橈骨亜脱臼)」でした。

 

 

 

肘内障は、5歳以下の子供に発症することが多く、手を急に引っ張られたりぶら下がったりした後に痛がって腕を下げたまま動かせなくなります。

 

 

 

肘内障とは、肘を支えている輪状靭帯から肘の骨(橈骨)が外れかかってしまう状態を言います。(図は右ひじを外側から見た図です)

 

 

出典:https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/pulled_elbow.html

日本整形外科学会「肘内障」
 
 
 

手を強く引っ張った時などによくおこるこの症状は、痛がる場所がほかのケガとすごく似ているため、すぐに肘内障と判断すると危険な場合もあります。

 

 

 

他に考えられるケガとして

橈骨頭、橈骨頸部骨折
鎖骨骨折
前腕骨骨幹部骨折
上腕骨遠位端骨折

 

 

 

などが挙げられます。骨折の場合は見逃してしまうと変形したまま治癒してしまうこともあるので、特に注意しなければいけません。

 

 

 

しっかり検査をしたあとに整復(元の位置に戻すこと)をおこないました。

 

 

 

この症状は特徴として外れかかっていた骨と靭帯が元の位置にちゃんと戻るとすぐに痛みがなくなるので、整復が終わった後はにっこり笑いながら退院されました。

 

 

 

今回のように、突然子供が痛がってしまうと親御さんたちは当然心配になります。

 

 

 

まだうまく説明することもできない年齢の子の場合はなぜ痛がっているのかもわかりません。

 

 

「どうすればいいかわからない。どこに連絡すれば…」そんな時は近くの接骨院整形外科に連絡してみてください。整復すればすぐに痛くなくなります。

 

 

 

肘内障は脱臼に分類されるものですので、関節が柔らかい子供は繰り返してしまうようになる可能性もあります。

 

 

 

手を思いきり引っ張ったり、急に引っ張ったりすると外れてしまいやすいので、子供が反応できるくらいの余裕をもって、声をかけてから手を引いてあげるようにしましょう。

 

 

 

肘内障は整復方法を知っていれば誰でも整復することが可能ですが、専門家にキチンとみてもらい、安全に治してあげましょう。

 

 

 

少しでもなにかおかしいかもしれないと感じたら、迷わずに相談するようにしましょう。

何もなければそれが一番良いことです。

見逃すことがないように気を付けなければいけませんね。

 

 

 

今回は肘を引っ張られたりしたときにおこりやすい「肘内障」について書かせていただきました。

 

 

 

もしもお子様の手を引っ張って急に泣き出してしまうようなことがあったときは、一度豊田市ころも接骨院までご相談ください。

 

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【骨盤矯正】について詳しくはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【交通事故治療】について詳しくはコチラ

*************************************************

 

 

初めて交通事故に遭われた方へ 【豊田市 ころも接骨院】 2018年03月1日

 

 

こんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正・交通事故治療をおこなっておりますころも接骨院です。

 

 

 

寒さが少し和らぎ、外に出かけやすくなってきました。

車で遠くまで旅行しようかな!

と、お考えになる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

 さて今回も前回に引き続き、出かけやすくなる時期だからこそ気を付けたい

「交通事故」についてふれていこうと思います。

 

 

 

 今回も実際に通われていた、初めて交通事故にあわれたという患者様M様からのお声とお聞きした話を交えて、交通事故治療や当院の対応の仕方をご紹介していきます。

 

 

 

 

 信号で停車中に後方から追突され首と腰に痛みがあり、右肩が上がらない。

という症状で来院いただいたM様。

 

 人生初の交通事故ということもあり、保険会社との話し合いや、整形外科・接骨院などへの通い方もわからないという非常にお困りな中、豊田市ころも接骨院にご相談くださいました。

 

 

 

 初めて来院された際に「今、整形外科に通っているけど、こちらに途中からでも来ていいの?」というご質問をいただきました。

 

 

 

 健康保険を利用するお怪我などの治療の際には、基本的には同じ症状で別の病院や治療院に通うことは原則できないとされていますが、交通事故治療の場合

 

整形外科と接骨院・整骨院の併院(同時に通うこと)が可能です。

 

 

 

 M様は「仕事の終わる時間が遅くなり、平日も治療をしたいけど通っている病院はしまってしまう。身体がつらいので良い方法はないの?」というようにお悩みのようでした。

 

 

 

 

 豊田市ころも接骨院では交通事故治療の場合、事前の予約も可能です。

 

午後の診療も20時までおこなっていますのでお仕事で遅くなってしまう場合も、ご相談いただければよい方法がないかを患者様と一緒に模索していきます。

 

 

 

 さらに接骨院では厚生労働省からの認可を受け、自賠責保険や任意保険を使った交通事故の治療を患者様負担0円でおこなうことができます。(※一部例外の場合もあります)

 

 

 

 

 今回、M様からのご相談は整形外科に行かれてからとのことでしたので

 

整形外科との併院が可能なこと
通院の患者様負担は必要ないこと
事前の予約で治療の予定を立てられること

 

を説明させていただき、ご納得いただいたうえで通院を開始していただきました。

 

 

 

 

そんなM様からいただいたお声がこちらになります。

※免責事項:頂いたご感想は個人の意見であり、治療の効果を必ず保証するものではありません。

 

 

 

 

 交通事故に遭われた際は、お電話での相談も承っております。その後、実際にご来院いただいて身体の状態を伺いながら機能障害や痛みのある部分の確認、炎症の有無を検査をしていきます。

 

 

 

 レントゲンなどの画像所見では、むちうち(頸椎捻挫)は映らないことがほとんどという事実があります。

むちうちも、頭痛などへの二次的な痛みにつながる場合もあるため交通事故のお怪我の場合早期から治療に取り組むことが大事です。

 

 なかなか周りの人にも理解されにくいという点も「これくらい我慢したほうがいいのかも…」と相談が遅れてしまう原因にもなってしまいます。

 

 

 

 交通事故のお怪我では、事故日から時間が経ってから痛みが強くなるケースも多くあります。

あまり強い症状がない場合にも、一度検査をしておくと、何かあったときにも迅速な対応ができます。

 

 

 

 

具体的なご来院から治療までの具体的な流れは

交通事故治療について 【豊田市 ころも接骨院】

をご覧ください。

 

 

 

 

 整形外科などでの検査に異常が見られない場合でも、痛みや体調の悪さ・身体が動きにくいなどレントゲンにも映らないような不調が現れやすいお怪我ですので、どのような小さなことでもお気軽に豊田市ころも接骨院にご相談ください。

 

 

 

 

豊田市 ころも接骨院の交通事故の関連ページ

交通事故・むち打ち治療
整形外科と接骨院の違い
交通事故の慰謝料について

 

豊田市 ころも接骨院 交通事故に関する院内ブログ

交通事故でよくおきる頸椎捻挫について 【豊田市 ころも接骨院】
交通事故治療~むちうちについて~ 【豊田市 ころも接骨院】
交通事故治療の豆知識 【豊田市 ころも接骨院】

 

交通事故における手続きでお困りの方へ 【豊田市 ころも接骨院】 2018年02月8日

 

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正・交通事故治療をおこなっております、ころも接骨院です。

 

 

 

寒さがより強く感じられるようになりましたが、暖かくなる時期にむけて少しずつ活気と忙しさが増してきましたね。

 

 

 

年度末に向けより一層忙しくなるので、こんな時期だからこそ心にゆとりを持った行動を心がけていきたいですね。

 

 

 

今回は年度末の忙しいこの時期に多い、「交通事故」

についてお話していきたいと思います。

 

 

 

実際に来院されている患者様(Kさん)のお話をもとに進めていきます。

Kさんがおっしゃっていたことの中でも、特にお伝えしたいことを話したいと思います。

 

 

 

それは

 

交通事故の治療は面倒な手続きが多い

 

ということです。

 

 

 

 

交通事故にあわれてからは、治療を受けるまで保険会社との連絡、やり取りなど必要な手続きが数多くあります。

 

 

また、治療を始めてからも保険会社と連絡を取り治療についての内容や、症状の経過など様々なことを伝えていかなくてはなりません。

 

 

 

Kさんは、そんな保険会社とのやり取りについてとても不安に感じておられました。

 

治療以外のところでこのような不安を感じてしまっては、なかなか治療にも専念できないという状態が続いてしまいます。

 

 

 

交通事故にあわれてまず整形外科を受診したKさん

 

その時はあまり感じることのなかっためまいなどの症状が、日にちが経つにつれ出てくるようになりました。

 

 

 

そんな折にKさんからご相談したいとの連絡がありました。

 

ご来院いただいてお話を伺い、Kさんのお悩みについてひとつずつ解決法を考えていくことにしました。

 

 

 

1.必要書類が分からない

診断書はどうしたらいいのか、事故証明は?

等、今まで知らなかった手続き、書類がたくさんあって大変。

 

 

 

2.治療期間、ペースが分からない

どのぐらいの期間で症状が軽くなるのか、ベストな通院のペースは、病院と接骨院の併用、転院は可能なのか。

等、ご自身の体のことについてすごく不安。

 

 

 

Kさんのお話をしっかりと聞き、少しずつアドバイスをし、お悩みを解決していきました。

 

 

 

面倒な保険会社とのやり取りの対応、また病院も併用しながらの通院の仕方、種々の書類の作成・提出等、ひとつひとつ解決策を提案させていただきました。

 

 

 

その結果、Kさんは治療に専念していただくことができ、症状もだいぶ快方へと向かってきました。

 

 

そんなKさんから頂いたお声がこちらになります。

 

※免責事項:頂いたご感想は個人の意見であり、治療の効果を必ず保証するものではありません。

 

 

Kさんからのお言葉をしっかりと受け止め、これからも患者様の気持ちに寄り添って対応させていただきます。

 

 

 

交通事故でお困りの方、周りで交通事故にあわれて困っている方がみえるという方、どうぞお気軽に豊田市ころも接骨院にご相談ください。

 

 

 

豊田市 ころも接骨院の交通事故の関連ページ

交通事故・むち打ち治療
交通事故治療について
整形外科と接骨院の違い
交通事故の慰謝料について

 

豊田市 ころも接骨院 交通事故に関する院内ブログ

交通事故でよくおきる頸椎捻挫について 【豊田市 ころも接骨院】
交通事故治療~むちうちについて~ 【豊田市 ころも接骨院】
交通事故治療の豆知識 【豊田市 ころも接骨院】

 

子育て中の腰痛でお悩みの方へ 【豊田市 ころも接骨院】 2017年12月27日

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

豊田市骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、ころも接骨院です。

 

 

 

今回は当院でもお悩みの患者様が多い、「子育て中の腰痛」について触れていこうと思います。

 

 

 

現在治療中の患者様の中には

 

「赤ちゃんを抱っこするたびに腰に痛みを感じる」

「こどもと遊んでいると腰に違和感を感じることが多い」

 

ということを訴えて来院された方がみえます。

 

 

 

赤ちゃんが泣いているのに腰の痛みのせいでさっと抱っこできなかったり、あやすために抱っこしていても痛みがつらいと長時間の抱っこができなくなってしまいますよね。

 

 

 

ほかにもこどもと遊んでいる最中、腰に違和感があると思いきり遊べなくなってしまったり、お子さんの急な飛び出しに反応が遅れてしまったりしますよね。

 

 

 

このような子育て中の腰痛の原因は様々なものがあります。

 

 

 

そのひとつに

 

「骨盤の歪みのせいで引き起こされる身体全体の歪み」

 

があります。

 

 

 

特に産後の骨盤というのはすごく柔らかく、デリケートな状態にあります。

 

 

 

デリケートな状態というのは、出産時に開いてしまった骨盤がそのまま開いたままということです。 

 

 

 

なぜ骨盤が開いた状態がいけないかというと、不安定な状態にあることが問題になってきます。

 

 

 

 

このような状態で繰り返し負荷がかかると骨盤の歪みが生じ、その積み重ねが身体全体の歪みに繋がっていってしまいます。

 

その身体の歪みをそのままにしておくと、腰の筋肉にかかる負担が大きくなり腰が痛い、腰に違和感があるといった状態になってしまいます。

 

 

 

その歪みを矯正し、整えることで腰痛を根本的に改善することができるのが、

 

ころも接骨院の「背骨・骨盤矯正」になります。

 

 

 

歪みを整えることで筋肉にかかる負荷を減らし痛みの改善だけでなく身体を動かしやすくなります。

 

 

 

ころも接骨院の矯正はソフトな矯正で、身体への負担が少なく、痛くないのに結果が出るので、産後のデリケートなお身体でも施術することができます。

 

 

 

 

さらにころも接骨院では託児もおこなっておりますので、赤ちゃんや小さなお子様連れでも安心して来院することができます。

 

 

腰痛でお困りの方、自分の骨盤に歪みがあるかも、と思われた方は是非一度、豊田市のころも接骨院にご相談くださいませ。

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【骨盤矯正】について詳しくはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【腰痛】について詳しくはコチラ

*************************************************

 

私の交通事故体験談(加害者側)【豊田市 ころも接骨院】 2017年12月11日

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、ころも接骨院です。

 

 

 

あっという間に12月に突入し、ころも接骨院も日々慌しく毎日を送っております。

 

 

 

さすが「師走」という感じですね。年末年始のお知らせや、年賀はがきの作成、大掃除など

やっておかなければならないことは山ほどございます。

 

 

こんな忙しい時こそ、慌てずに時間に余裕をもって行動したいですね。

 

 

 

さて今回は、

 

年末年始に特に多い、

 

豊田市でも特に多い、

 

 

 

「交通事故」について。

 

 

 

私自身の体験談。

しかも加害者側になってしまったお話しをしたいと思います。

 

 

 

お伝えしたいのは

ズバリ

「交通事故は心理的にも相当ダメージを受けます」

ということです。

 

 

 

どういうことかと申しますと

交通事故のお怪我というと身体のことと思われがちですが、実は心理的にも相当なストレスがかかるということなのです。

 

 

 

「なぜ私がそう考えるのか?」

 

 

 

私自身は過去に豊田市内で交通事故を起こしてしまったことがあり、

 

 

その時に車の修理とお怪我の治療費はもちろんのことですが、

 

 

実際に被害者様のお話を直接伺うことによって

 

 

被害者様には心理的なストレスが大きくかかるということを実感することができました。

 

 

 

 

その① 被害者様は今まで経験したことがないような手続きや考えなければならないことがたくさん出てきて困惑します。

 

 

次から次へとわからないことだらけです。事故証明?物損?人身?診断書?車検証?自賠責?保険証書?警察や保険屋さんの担当、加害者の連絡先。もう大変ですよね。

 

 

 

その②加害者側はあまり無いが、被害者側は時間を割いて通院しなければならない。

 

 

これも見逃されやすいですが、被害者様はお怪我をすることが多く、接骨院や病院に通院しなければなりません。

 

 

 

ころも接骨院にも多くの患者様が来院されますが、1日平均45分から2時間近く時間を奪われることになります。

 

 

本当だったら家についているころなのに。

 

 

とか

 

 

せっかくのお休みなのに接骨院に通院しなければならない。

 

 

ということになります。これが3か月も続くとなると、かなりのストレスですよね。

 

 

 

その③ケガの痛みは、あまり外からはわかりづらい為、周りの方から誤解を受けてしまうこともあります。

 

 

調子の悪い時に限って、ご自身の仕事の忙しい時に保険屋さんから、

たまに電話がかかってきて、

 

 

 

「調子どうですか?もうそろそろ終わりじゃないですか?」

 

 

 

なんて言われると、痛いし、余計イライラしてしまいます。

 

 

 

しかも擦り傷や切り傷と違って外からは見えないので、

「本当はもういたくないんじゃないの?」と周りの同僚などに言われたりするともうウンザリになってしまいます。

 

 

 

 

交通事故のお怪我の通院は本当に大変です。

 

 

 

その時は、私自身しっかりと反省し、被害者様に誠意をもって対応させていただいたつもりですが、実際にお話しをうかがってみると心理的にも相当なストレスがかかるということを、身をもって体験することができました。

 

 

 

幸いにも大事には至りませんでしたが、今後も交通ルールをしっかりと遵守し、安全運転に徹したいと考えております。

 

 

 

それでは皆様、豊田市と年末年始は本当に交通事故が多いです。交通ルールを守っていても事故に遭ってしまうことだってございます。

 

 

 

そんな時はいつでも豊田市ころも接骨院にご相談ください。患者様の気持ちになって対応させていただきます。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

*************************************************

 

豊田市 ころも接骨院の交通事故に関する記事

交通事故・むち打ち治療
交通事故治療について
整形外科と接骨院の違い

 

豊田市 ころも接骨院 交通事故に関する院内ブログ

交通事故でよくおきる頸椎捻挫について 【豊田市 ころも接骨院】
交通事故治療~むちうちについて~ 【豊田市 ころも接骨院】
交通事故治療の豆知識 【豊田市 ころも接骨院】

 

四十肩・五十肩でお悩みの方へ 【豊田市 ころも接骨院】 2017年11月14日

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、ころも接骨院です。

 

 

 

いよいよ11月になり本格的に寒くなってまいりました。

 

 

 

 さて今回は「四十肩・五十肩」についてお話しさせていただきます。

豊田市のころも接骨院でも四十肩・五十肩でお悩みの患者様はよく来院されます。

 

 

 

 M様は豊田市に在住の40代の女性です。車に乗っていて後ろのバッグを無理な態勢で取ろうとして肩がグキッとなり負傷してしまいました。

 

 

 

 

その後、ころも接骨院に来院され

 

「肩が思うように動かせなくて着替えに困っていて、夜になると肩の痛みで目が覚めて朝までぐっすり眠れない」と困っておられました。

 

 

 

 

着替えをしようと袖に腕を通すたびに痛かったり、

エプロンの紐を縛ろうとしても後ろに手が回らなかったりすると大変ですよね。

 

 

せっかく気持ちよく眠っていたのに、寝返りをうったひょうしに肩にズキッと痛みが走って目が覚めてしまったりすると身体も休まりません…

 

 

 

そんな時に、少しでも肩の調子が良くなって、動かしやすくなって、痛みが出にくくなったら嬉しいですよね。

 

 

 

 しっかりお話しを伺って、何で困っているのかをハッキリさせて、その原因を探るために検査をおこなったところ、M様のお身体に歪みが出ていることに気がつきました

 

 

 

あまりにもハッキリとした左右差が出ており、ご本人もビックリしておられました。

 

 

 

身体の歪みがあると肩の関節のポジションが悪くなり、肩をスムーズに動かすことができず負担がかかり深層にある筋肉を傷めてしまいます

 

 

 

そこで

「四十肩・五十肩は姿勢を整えることで動きやすくなります」ということをご提案させていただきました。

 

 

 

しかしM様には

一つ心配事がありました。

 

 

「テレビで見たことのある矯正はバキバキする感じで、私そういうの怖いんです。」

これ実は、矯正あるあるの一つです。多くの方に相談されます。

 

 

 

施術する方は慣れていますから良いですが、施術を受ける方からしたら、心配ですよね。

 

でもご安心ください。

 

 

 

ころも接骨院で採用している矯正方法は、大変ソフトな矯正方法でほぼ無痛です。

 

 

 

 

70代のおばあちゃまでも施術することができます。

 

 

 

「それなら一度受けてみましょう!」

ということになり施術させてもらったところ

 

 

 

M様も施術後の変化に驚き「左右差が整っている!」

大変喜んでいただけました。

 

 

 

その後M様は背骨・骨盤矯正を定期的に5回続けた結果、良い姿勢が定着したことにより

肩甲骨の位置も良くなり、肩関節にかかる負担も少なくなった為、痛みを感じることも少なくなりました。

 

 

 

夜に痛みで目が覚めることも少なくなりました。

 

 

 

身体の歪みを整えることで背中の筋肉がほぐれ、肩甲骨が動かしやすくなります。
肩の深層にある筋肉をマッサージして、肩関節がさらに動かしやすくなります。
整えた骨盤と背骨を支えるための体操を紹介することで良い姿勢が長持ちします。

 

 

 

これが今回の治療のポイントでした。

 

 

 

四十肩・五十肩でお悩みの方やあなたの周りで四十肩・五十肩で困っている方がお見えになりましたら是非一度、豊田市ころも接骨院にご相談くださいませ。

 

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【首・肩の症状】はコチラ

豊田市 ころも接骨院の【背骨・骨盤矯正】について詳しくはコチラ

*************************************************

 

膝の痛み、オスグット病でお悩みの方へ 【豊田市 ころも接骨院】 2017年09月7日

 

 

みなさんこんにちは。

 

 

 

豊田市骨盤矯正、交通事故治療をおこなっております、ころも接骨院です。

 

 

 

子供の宿題を手伝っていたら、あっという間に夏休みも終わってしまい、9月となってしまいましたね。

9月に入ると急に朝晩涼しくなって、半袖シャツで大丈夫かな?と心配になるほどです。(日中はもちろん暑いですが。)

 

 

 

話は変わりますが、自分には2人の子供がおります。

 

 

中学生の方は1年生で部活を頑張っています。豊田市の中学生といえば、毎年10月になると新人戦が行われます。

先輩たちが最後の夏の大会で引退して、新チームというわけです。レギュラー争いでトレーニングもハードになることでしょう。

 

 

 

そんなわけで今回はオスグット病について書きたいと思います。

 

 

 

今回お伝えしたいことはズバリ、「オスグット病には骨盤矯正が有効である」ということです。

 

 

 

「なんで膝なのに骨盤矯正が有効なの?」と思われる方も多いことでしょう。

 

 

 

 

なぜ私がそう考えるのかと申しますと、実は成長期に良くおこる代表的な疾患オスグット病には姿勢が関係しているからなのです。

 

 

 

お膝の痛い中学生は、お膝に負担のかかる姿勢をしていることが多いからなのです。

 

 

 

その根拠を3つに分けてご説明させていただきます。

 

 

①オスグット病に悩む中学生の多くは、骨盤が後方に傾きお尻の筋肉やモモ裏の筋肉が硬くなっています。後ろに傾くということは骨盤の前側にくっついているモモ前の筋肉は引っ張られることになります。

 

②おまけに身体が歪んでいたりすると、身体のバランスをどちらか一方の側でとる癖がついてしまいます。そうなるとモモ前にかかる負担は倍増します。

 

③だんだんモモ前の筋肉が硬くなってくるとその先にある膝のお皿は引っ張られ、筋肉の付着部で炎症を起こすことになります。

 

 

 

↓①の骨盤が後ろに傾いた状態(後傾状態)

 

 

 

ここで背骨・骨盤矯正をおこなうと・・・

 

 

 

身体の歪みを整えることで骨盤が前に起きて、姿勢が良くなります。おまけに左右のバランスも整って、どちらか一方に体重をかけることも少なくなります。

 

 

 

姿勢が良くなると余計な筋肉の緊張から解放されて筋肉も柔らかくなります。筋肉が柔らかくなると、筋肉の付着部の負担が減り炎症がおさまりやすくなる。

 

 

 

というわけです。お膝が痛いからとといって、お膝ばかりに目がいってしまうと、本当の原因を見落としてしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

まとめますと

 

中学生に多い、オスグット病などの膝の痛み背骨・骨盤矯正で姿勢を整えると負担が減る分だけ症状の改善が期待できる。

 

ということでした。

 

 

 

成長期に膝の痛みでお困りの方は、豊田市のころも接骨院までお気軽にご相談ください。ありがとうございました。

 

 

 

*************************************************
豊田市にある口コミ1位の『ころも接骨院』
TEL:0565-60-7365 (※予約制です。)
<営業時間>
月~土
    8:30~12:00
月~水、金  16:00~19:30
木・土の午後、日・祝 休診

豊田市 ころも接骨院の公式HPはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【スポーツ障害】について詳しくはコチラ

豊田市 ころも接骨院の【背骨・骨盤矯正】について詳しくはコチラ

*************************************************

 

 

豊田市にある ころも接骨院のお問い合せはこちら

豊田市ころも接骨院電話番号0565-60-7365

豊田市ころも接骨院〒471-0028
愛知県豊田市神明町3丁目33-14

豊田市ころも接骨院メール予約はこちら

豊田市ころトレ電話番号:0565-77-0570

ページのトップへ戻る