症状別メニュー

坐骨神経痛でお悩みの方へ 【豊田市 ころも接骨院】 2017年02月22日

みなさんこんにちは。

 

豊田市骨盤矯正、交通事故治療を行っております、ころも接骨院です。

 

 

今回は、「坐骨神経痛で実際に来院された患者様(Aさん)のお話です。

 

 

坐骨神経痛でお悩みのAさんは、

 

豊田市のある会社でデスクワークをしておりました。

 

パソコンでの仕事が主ですが、長時間座っていると左の臀部が痛くなってきてしまいます。

 

週末に家族と過ごしていても、知らず知らずの間に臀部をトントン叩いている様な状態でした。

 

 

zakotu

 

 

パソコンの入力作業で臀部の痛みがあったら気になって集中できないし、

 

仕事の効率も下がってしまいますよね。

 

臀部の痛みでお尻をトントン叩いていたら

 

「大丈夫かな?調子悪いのかな?」と家族も心配しますよね。

 

もしかしたら、「あっ!私のことだ」とか

 

「あっ!あの人だ」と思うかもしれません。

 

このような症状のある方は「坐骨神経痛」の可能性があります。

 

坐骨神経痛にはいくつかのパターンがありますが、その原因はズバリ、

 

 

 

骨盤と背骨の歪みによる不良姿勢」です。

 

 

 

その歪みを矯正し、坐骨神経痛を根本から改善することが出来るのが、

 

 

 

 

ころも接骨院の「背骨・骨盤矯正」なのです。

 

 

 

 

ころも接骨院の背骨・骨盤矯正ボキボキしないソフトな矯正で、

 

身体の負担が少なく、しかも痛くないので

 

子供からおばあちゃんまで施術することができ、

 

なおかつ効果を実感することができます。

 

完全自費の場合ですと4,500円ですが、

 

保険治療との併用であれば3,000円で施術することができます!

 

 

 接骨院POP

 

 

豊田市でこの優れた「背骨・骨盤矯正」をおこなうことができるのは

 

 

 

当院だけです!

 

 

 

つらい痛みを早く治したい!

 

〇月〇日の大会に万全の状態で臨みたい!

 

気分良く仕事やプライベートを楽しみたい!

 

という方は是非一度、豊田市のころも接骨院にお問合せ下さい。

 

 

ご予約・お問合せはこちら↓↓↓

 

0565‐60‐7365

 

豊田市 ころも接骨院(公式HP)

 

豊田市 交通事故治療

完全予約制について 【豊田市 ころも接骨院】 2017年02月15日

みなさんこんにちは。

豊田市で交通事故治療と産後の骨盤矯正をやっております、 ころも接骨院です。

今回は「完全予約制」についてご説明させていただきます。

昨年末より導入しました「背骨骨盤矯正」ですが、おかげ様で大変人気があり、施術時間もかかるため、予約制にて対応させていただいておりましたが、その影響もあってか、

「駐車場に車が止められない。」

というご意見を多数いただきました。

当然のことながら待ち時間も増えて患者様には大変ご迷惑をおかけしておりました。

しかしながら、近隣の駐車場を探しても、なかなか見つかりませんでした。

そこで考えついたのが「完全予約制」です。

朝8:30からお電話にて、1日分の予約をとることが可能です。

2月6日(月)からスタートしておりますが、患者様のご協力により、駐車場の混雑は減少し、待ち時間も少なくなっております。

患者様の中には「はじめて車を停めることができた。」と喜んでいただけました。

電話するのは面倒ですが是非一度お電話してみてください。

今後も、少しでも患者様が気分良く利用できる院を目指していきます。まだまだサービスとしては改善しなければいけない点はございますが、コツコツやっていきたいと考えております。

今後とも、ころも接骨院をよろしくお願い申し上げます。

スライド1スライド2

HPはこちらから↓↓

ころも接骨院公式HP

ころも接骨院

〒4710028 豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365 診察時間  午前8:30~12:00

     午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

治療コンセプトについて 【豊田市 ころも接骨院】 2017年02月15日

みなさんこんにちは。

豊田市で交通事故治療と

産後の骨盤矯正をやっております、

ころも接骨院です。

今回は、当院の「治療コンセプト」についてご紹介させていただきます。

当院の治療コンセプトはずばり、

「歪んだ姿勢を整えて、痛みの出ない身体をつくる」

という根本治療を目的としております。

まず「根本治療」とは何なのか?ということですが、カラダの痛みや症状に対する治療だけをおこなうのではなく、痛みの出ない身体をつくることが根本治療というものです。

そもそも痛みとは何なのか?を簡単にご説明すると、カラダのゆがみが原因で、関節の動きが悪くなり、筋肉が硬くなります。

そうすると筋肉の中の血流が悪くなったり、神経が圧迫されて痛みを感じるようになります。

たとえば腰の痛みで説明しますと、身体の歪みで骨盤が後ろに傾いたとします。その体勢からカラダを前に倒す動作をした時に骨盤がうまく倒れず腰だけで曲がることになります。

そうなってしまいますと腰のまわりの筋肉ばかりに負担がかかってしまって、筋肉が硬くなって痛みが出ます。

そしてこの歪みに対して、骨盤矯正をおこなうことにより、骨盤を正常な位置に戻します。

そうするとカラダを前に倒した時に骨盤の動きがよくなり、腰にかかる負担が減って痛みの出ない身体をつくることができます。

 

まとめますと、歪んだ姿勢を整えてカラダの動きを正常化することによって、痛みの出ない体をつくることが、ころも接骨院の治療コンセプトです。

根本治療にご興味のある方は是非一度ころも接骨院にお問い合わせください。 ありがとうございました。

HPはこちらから↓↓

ころも接骨院HP

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

むくみのツボについて 【豊田市 ころも接骨院】 2016年09月5日

 

みなさんこんにちは。

豊田市で交通事故治療と

産後の骨盤矯正をやっております、

ころも接骨院です。

 

 

さて今回はむくみについてご紹介したいと思います。

 

東洋医学では

気・血・津液(水)の3つの要素が互いに助け合って、

スムーズに循環している状態が

理想とするバランスです。

 

たとえば、

」が不足すると「」の循環が滞り、

身体が酸素不足になってしまいます。

 

」が不足すると「気虚

」が不足すると「血虚

などと言って症状を判断します。

 

様々な症状は主に

気虚」から始まるといわれております。

 

「気」の流れを整えることが大切なんですね。

 

むくみのツボとして有効なのは「水分

おなかの中心線上で、おへそから指1本上がったところです。

ここで体内の水分代謝を行います。

 

続いて「水道

おへそから指4本下がり、

指3本両脇にそれたところにあります。

泌尿器の機能を高めてくれます。

 

それから「三陰交

おなじみのツボですが、

身体を温め、バランスを整えてくれます。

 

そして最後が「復溜

内くるぶしから指3本上がったところにあります。

ここも、身体を温め、水分の排出を促します。

 

顔がむくんだり、足がむくんだり、

むくみでお悩みの方はけっこう多いですよね。

 

当院では、自分で貼れるツボシール

「こりスポッと」

いろいろなツボを紹介しながら、

セルフケアがおこなえるようにしております。

 

またいつでもお気軽にご相談ください。

 

HPはこちらから↓↓

ころも接骨院HP

 

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

骨盤がゆがむとは 【豊田市 ころも接骨院】 2016年08月22日

 

みなさんこんにちは。

 

骨盤矯正と交通事故治療が得意な

豊田市のころも接骨院です。

 

 

さて、今回は骨盤矯正についてお話しします。

 

産後の骨盤矯正も、

一般の骨盤矯正も当院ではおこなっておりますが、

どちらも、

『骨盤のゆがみ』

 に対して施術を行います。

 

施術の時にはもちろん患者様に

実際に感じていただきながら

ゆがみをチェックしていくのですが、

 

そもそも

 『骨盤がゆがむ』

とはどういうことなのか?

 

スライド3

 

身体においては

全身の筋肉がバランスよく働いていない状態、

前後のバランス左右のバランスなど、

そのアンバランスを「ゆがみ」と呼んでいます

 

体の使い方のクセや、

同じ動作の繰り返しで、

右側の筋肉を多く使っていると、

反対に左側の筋肉はあまり使われず、

相対的に弱くなります。

 

そうやってバランスが崩れていきます

 

そのまま使い続けることで、

痛みや不調のきっかけとなります。

 

では、骨盤がゆがむとはどういうことなのか?

 

「構造物の形そのものがゆがんでいる」

  という場合と

「構造物の形は変化していないが、角度が変わっている」

という2つの場合があります。

 

スライド4

 

骨盤のゆがみは後者です。

体の筋肉の活動で不具合が出ると

骨盤が本来の位置に戻れず固まった状態になってしまいます。

ちょうど、ゴムひもが縮んだまま

元に戻らないのと似ています。

 

この筋肉の筋張をとり、

弱い部分を強くしていくのが

当院の骨盤矯正です。

 

産後ママはもちろん、

腰痛や股関節まわりの不調でお困りの方は

是非一度ご相談ください!

 

参考文献「骨盤ナビ」より

 

ころも接骨院のHPはこちら↓↓

http://koromo-sekkotsuin.com/

 

骨盤矯正についてはこちら↓↓

http://koromo-sekkotsuin.com/kotsuban/

 

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

冷房でだるい時は 【豊田市 ころも接骨院】 2016年08月15日

 

みなさんこんにちは。

 

骨盤矯正と

交通事故治療に力を入れている

豊田市のころも接骨院です。

 

当院では、

夏休みも終わり

今日から仕事再開ですが、

長期連休をお楽しみの方も

大勢いらっしゃると思います。

 

私の夏休みは、

子供の自由研究のお手伝いと

お墓参りで、

今回は、旅行に行けませんでした。

 

それでも本を読んだり、仕事の整理もできたので

充実したお休みとなりました。

 

ところで今回の話題は?

と申しますと、

前回お伝えすることのできなかった、

ツボのはなしの続きをしたいと思います。

 

毎日暑い日が続きますと、

エアコンをつける機会も多いですが、

長時間冷房の中にいますと、

体がだるくなってしまう事ってありますよね。

 

そういう時につかうツボは、

曲池(きょくち)

IMG_1612

肘を曲げて肘の内側に横じわの線上で

親指側の先端になります。

 

それから

足三里(あしさんり)

IMG_1567 (1)

膝のお皿のすぐ外側のくぼみから、

だいたい指4本下がったところにあります。

これも胃のツボです。

 

最後に

三陰交(さんいんこう)

IMG_1611

内くるぶしの中心から

だいたい指4本上がったところで

骨の後ろのふちを押すと圧痛があります。

 

自律神経に乱れが生じます。

冷えにより気血の流れが滞らないように

ツボを押してみましょう。

 

また当院では、ツボを持続的に刺激することができる

    『こりスポッと』

IMG_1613

というツボシールも販売しております。

ご興味のある方はご相談ください。

 

それではよいお休みをお過ごしください。

 

HPはこちら

 

鍼灸治療についてはこちら

 

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

疲労回復のツボ!! 【豊田市 ころも接骨院】 2016年08月8日

 

こんにちは。

豊田市で骨盤矯正と、

交通事故治療を得意としております、

ころも接骨院です。

 

あっという間に8月になり、

もう少しでお盆休みですが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

当院でも、毎日たくさんの患者様のお話を聴いておりますと、

「疲れやすい」

   ですとか、

「冷房にあたりだるい」

   とか様々なお悩みの相談を受けます。

 

 

ということで今回は、鍼灸師でもある私が、

「ツボ」をつかって

症状を改善させる方法をご紹介したいと思います。

 

 

まず、『疲れやすい』時のツボですが、

まずは肩井(けんせい)

乳頭からまっすぐ上に向かっていき、

肩のところにきたところで、

その周辺を指で押してみて、

コリを感じるところ。

肩こりの方にもオススメです。

IMG_1569

 

 

それから、中脘(ちゅうかん)

身体の中心線上で、

おへそからだいたい指5本分くらい上がったところです。

胃の調子が悪い時にも使用します。

IMG_1568

 

 

あとは、足三里(あしさんり)

膝のお皿のすぐ外側下のくぼみから、

だいたい指4本分下がったところにあります。

これも胃のツボになります。

IMG_1567

 

 

この3つのツボを使うのですが、

押し方としてはいろいろな説がありますが、

ご自身でやられる時は、

強く押しすぎないのがポイントです。

 

10~15グラムの圧力でも反応すると言われておりますので、

優しく押しても充分効果はあります。

 

1回に押すのは、3~5秒。

ゆっくり押してゆっくり戻すくらいが良いです。

 

当院では、自分で貼ることができる

 

IMG_1570

「こりスポッと」という

ツボシールも販売しておりますので、

ご興味のある方はご相談ください。

 

それではまたツボのお話させていただきます。

 

みなさま今週も頑張りましょうね!!

 

IMG_1566

 

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

職場体験にみえました♪ 【豊田市 ころも接骨院】 2016年06月13日

 

こんにちは。

豊田市で骨盤矯正と交通事故治療に自信がある

ころも接骨院です。

 

早いものでもう6月に入り、小中学生は

プールが始まったり、修学旅行だったり、

テストだったりと大忙しですね。

 

先週は当院でも中学生の職場体験

高橋中学校猿投中学校から

1名ずつ体験に来られました。

 

 

「接骨院の仕事を体験してみたい」

と言ってもらえるなんて本当に嬉しいことです。

 

少しでも良い体験ができるようにと、

「どんなことを体験してみたいですか?」

と尋ねると、

 

「バレーボールをしていて突き指だったり、膝や足首を痛めた時に

 応急処置の仕方やテーピングをチームメイトにしてあげられたらいいなと思って」

 

なんて素晴らしい意見なんでしょう!!

私、感動してしまいました。

 

ということで今回は、

「アイシング」「テーピング」

を中心に体験してもらう事にしました。

 

FullSizeRender (1)

 

始めは緊張していた2人でしたが、

普段から部活をやっているおかげで、

大きな声で挨拶することができるので、

すぐに患者さんともコミュニケーションをとることができ

安心して見守ることができました。

 

IMG_1214

 

IMG_1212

その後スタッフの松井先生に、

足首、ふくらはぎ、膝、腰

順番にテープの貼り方を勉強して、

2日目からは患者さんに貼らせてもらいました。

ご協力いただきました患者さんには

大変感謝しております。

 

 

その後は、当院ならではの

ストレッチポールや鍼治療などを

実際に体験してもらい、

身体の変化を存分に体感していただきました。

 

FullSizeRender (2)

IMG_1239

 

仕事の都合もありますが、

今後もできる限り

中学生の皆様に応えていきます。

 

FullSizeRender

 

今後ともよろしくお願いします!

 

新しくなったHPはこちら↓↓

 ころも接骨院HP

 

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

産後骨盤矯正と運動療法 【豊田市 ころも接骨院】 2016年05月23日

 

こんにちは。

 

豊田市で交通事故治療と

骨盤矯正に力を入れている

ころも接骨院です。

 

 

先週もたくさんのお客様がいらっしゃいました。

正直、こんなに産後の骨盤で

お悩みの方がいたことに

驚いております

 

そして施術に喜んでいただけた方も多く、

少しでもお役に立つことができて

大変嬉しく思っております。

 

今後も、

産後ママの調子が良くなる

ママ笑顔になる

赤ちゃんも笑顔

家族も笑顔

 

となるようスタッフ一同、

心を込めて

施術させていただきます!!

 

 

さて、前回もお話しさせていただきましたが、

今回も、運動療法について書かせていただきます。

 

何事も20代までは

若さで何とかいけますが、

30代以降からカラダは衰え始めます(悲)

 

下半身の筋肉は

20歳を100とすると、

60代ではなんと、、、

半分になってしまいます(悲)

 

おまけに平衡感覚は、

30%程低下してしまうそうです(悲)

 

おまけに、

膝や腰が痛くなると、

本当に大変ですよね!

 

よく患者様に、

 

「筋トレなんかしても今さら

 筋肉なんてつかないんでしょ!」

 

と言われます。

 

しかし、考えてみてください。

 

「やらなかったら、加齢とともに

 どんどん低下していくんですよね!」

 

ということは、年輩の方々も、

最期まで身の周りのことが自分でできて、

「ピンピンコロリ」

でいこうと思ったら、

筋トレは、必要なんですね。

 

ましてや、腰や膝が痛かったら、

尚更必要ですよね。

 

 

無題

 

今後ころも接骨院では、

手技療法と運動療法を組み合わせた

治療計画をご提案できるように

準備を進めております!

乞うご期待ください。

 

さぁ今週もはりきっていきましょー!!

 

骨盤矯正はコチラ

 

ころも接骨院HPはコチラ

 

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

邦画と患者様の声 【豊田市 ころも接骨院】 2016年05月16日

 

こんにちは。

豊田市で交通事故の治療が得意な

ころも接骨院です。

 

5月も中旬になり、

お出かけにはもってこいの

季節となりました今日この頃。

 

それなのに何故か最近

DVDにハマっております。

 

映画なんて子供に着いて行くぐらいで

アニメばっかりだったんですが、

ちょいちょい観るようになったんです。

 

しかも邦画。

 

最近の邦画って面白いんですね。

 

アニメが実写版になったり、

小説が映画化されたり。

 

中でもおすすめなのがこの3本。

 

『天空の蜂』は東野圭吾さんの作品で、

父と子の親子関係について

深く考えさせられるないようでした。

 

 IMG_1043

 

『神様はバリにいる』は、ちょっと前の映画ですが、

実話がもとで、

実際に事業をやっている自分や、

子ども達も感動できる映画だったので、

「ハズした」と思うことはないのではないのでしょうか?

 

IMG_1122

 

『永遠の0』は戦争映画で

ちょっと抵抗があったんですが、

現在と過去を行ったり来たりしながら、

そこにある人間ドラマが

とても感動できました。

最後の展開も素晴らしかったです。

小説も読んだんですが、

自分は小説のが良かったかな?という感じです。

 

 

と、仕事とは全く関係ない内容になってしまいましたが、

最近ある患者様と話していて、

マッサージとストレッチとトレーニングの

バランスの話になったんです。

 

それぞれの院によって特色があり、

「ウチは手技療法がメインだ!」

とか、

「ウチは運動療法専門だ!」

とかいって、

先生の考えで偏ることが多いんですよね。

 

でも実際は、患者様の状態によって

バランスよくやった方が効果が高いんです。

 

その患者様の為にも状況に応じて、

手技や運動をおこなえる

「しくみ」を作らなければ・・・と

思いましたので実行していきたいと

考えております。

 

乞うご期待ください!!

 

それではまた。

 

ころも接骨院HP

 

ころも接骨院

〒4710028

豊田市神明町3丁目33番地14

電話/FAX 0565-60-7365

診察時間  午前8:30~12:00

      午後16:00~19:30

休診 日曜、祝日、木土曜の午後

豊田市にある ころも接骨院のお問い合せはこちら

ころも接骨院電話番号0565-60-7365

豊田市ころも接骨院〒471-0028
愛知県豊田市神明町3丁目33-14

ころトレ電話番号:0565-77-0570

ページのトップへ戻る